エクボスタジオ

Tel:0748-33-0741

ABOUT US

OUR HISTORY社歴

1913年(大正2年)に初代野口清輝([きよてる] 1889-1982)が「野口写真館」を創業しました。
滋賀県蒲生郡日野町には1930年代に建てられた店舗兼アトリエが、現在は街の交流スペースとして活用されています(旧野口写真館「むべの木の館」滋賀県蒲生郡日野町大窪582)。

2代目輝雄([てるお] 1920-1998)が1936年に日野町小谷に新店舗を開設。
フランス国際写真サロン入選、営業写真の国内最高峰である富士フイルム営業写真コンテスト金賞など国内外のコンテストで活躍しました。
1996年には『風の如く去りし私のはかない恋よ』でフィレンツェ芸術大賞を受賞。

3代目進([すすむ] 1950-)が1976年12月に近江八幡市に現在の屋号である「エクボスタジオ」を設立。
「人と違うことがしたい」ということで、屋号は公募制で決定しました。
1978年には第25回全国展で第1位である内閣総理大臣賞を受賞。
2002年に現在の住所に店舗を新築移転し、JR近江八幡駅前で新スタジオを展開しています。
スタジオ写真のほか、学校卒業アルバムの全国コンテストの上位入賞常連店として、地域の写真記録を残し続けています。
2017年には商写協スクールアルバムコンテストにてスクールアルバム大賞(第1位)を受賞しました。

現在は6名のスタッフで運営をしています。
全員が日本写真館大賞や近畿プロフォトコンテスト・滋賀県プロフォトコンテストなどで受賞歴をもつカメラマンで、アルバムのデザインも手がけます。
お宮参りや成人式記念をはじめ、毎年恒例の家族写真で多くのお客様にご来店いただいています。
最近では、より「自然な雰囲気で撮影してほしい」というお声も多く、ロケでの家族写真も増えてきました。

GREETING代表挨拶

     

エクボスタジオという名前は、「えくぼ」という笑顔をあらわす言葉がついたネーミングが写真館にぴったりだなと思い、一般公募のなかから選ばせてもらいました。近江八幡で店を構えてから42年。記念写真から伝わってくる物語をお客様に届けたいと思って写真を撮り続けています。

時が移りゆくなかで「今」を残せる魅力が写真にはあります。
何年か後に、なつかしいだけではない、「その時」がよみがえって、これからの人生が生き生きとポジティブに過ごせるエスプリを発信できるものでありたいと考えています。

是非、あなたのお気に入りの写真をエクボスタジオで残していきたいです。


PROFILE:プロフィール

代表取締役 野口 進
オーナー・フォトグラファー写真一筋50年。たしかな目とたしかな腕で自然な笑顔を引き出します。趣味は旅行。三児の父。

STAFFスタッフ紹介

Photographer・Album Designer
川嶋章水 Akemi KAWASHIMA

         

長い人生を歩んできました。
一児の母である30才の時、結婚式場を退職しエクボスタジオに入社。
当時はフィルムの時代。デジタルへと変わっていく過程を、戸惑いながら、
可能性に心を踊らせながら過ごしてきました。

Philosophy of LIFE 人生で大切にしていること
出来るだけ人が嫌がる言葉や行動をしないように心がける。
じゃなかったらゴメンなさい。

RECOMMENDED/HOLIDAYS おすすめの◯◯/休日の過ごし方
お休みの日は、心も身体もゆったりと。
優しい気持ちでいたい、猫と一緒に過ごしたい。
ちなみにうちの猫は、何処にでもいるハチワレです。

         

AWARDS/QUALIFICATION  受賞歴・資格
2018年 第11回 日本写真館賞 ポートレートの部 優秀賞「我」 2016年 第63回全国展フォトコンテスト 入選「霜月 まみえし大師像」(第1部・組写真) 2015年 第9回日本写真館賞 ポートレートの部 入選「明日への道」 2014年 富士フィルム営業写真コンテスト ポートレートの部 テーマ賞「功労の証」 2013年 第7回 日本写真館賞 大賞 経済産業大臣賞受賞「チェロと過ごした日々」 第7回 日本写真館賞 営業写真の部 入選 「ママのお着物で」

         

MESSAGE お客様へのメッセージ
ご家族写真や記念写真ぜひ撮りに来て下さいね。
仕事をしながら子育て中のママ、ガンバレ!!応援しています。

Photographer・Album Designer
西正己 Masami NISHI

         

1977年京都生まれ。
3歳の頃に親元である滋賀に移り、長年に渡り、生活をする。
滋賀の中でも、特に田舎の方だったので、自然の中での生活が好きになる。
30歳の時、エクボスタジオに入社。写真業をはじめる。
毎日、日を重ねるごとに、写真に魅了される。
入社してから、10年という節目の年に、自身の集大成となる写真集『10(ten)』を製作。
写真が大好きで今もなお、写真の魅力にハマっている。

Philosophy of LIFE 人生で大切にしていること
明日は明日の風が吹く。
僕の性格は、あまり物事を考え込まずに、その場・その時を楽しむことが好きなので。
とにかく、人生、楽しむことが一番です!

RECOMMENDED/HOLIDAYS おすすめの◯◯/休日の過ごし方
おすすめの香辛料!
辛いものが好きで、いろんな香辛料にはまっています。
その中でも、今、ハマっているのは、花椒(ホアジャオ)という中国原産の香辛料です。とにかくウマイ!
休日は、ほぼ家族と過ごしています。娘の成長が日々楽しみです。

         

AWARDS/QUALIFICATION  受賞歴・資格
JPA日本アルバム写真家協会スクールアルバムコンテスト2018 金賞(大学・高校の部)
2018年 第11回日本写真館賞 入選(第5部)
2016年 第63回全国展フォトコンテスト 入選(第3部・人物単写真)
2016年 第21回夢けんせつフォトコンテスト 入選(第1部)

MESSAGE お客様へのメッセージ
写真を飾りましょう!
写真というのは、その時の思い出です。押入れにしまっておくのは、もったいない。
是非、飾りましょう!

Photographer・Album Designer
清水孝文 Yoshifumi SHIMIZU

         

1982年滋賀生まれ。滋賀育ちの滋賀大好きっ子です♪
35年間滋賀一筋で生きてきましたカントリーボーイです。
この業界に入って10年、30歳の時、エクボスタジオに入社。
以来《写真道》を邁進中。

Philosophy of LIFE 人生で大切にしていること
ガチガチに物事を決めすぎず、適度にスキマをつくること。
周りから見るとガチガチ人間かもしれませんが(誰も言ってない?)、
意外とルーズでだらしないです。(ダメ人間?)
でも、仕事にかんしては純情一途です。

RECOMMENDED/HOLIDAYS おすすめの◯◯/休日の過ごし方
おすすめの洋服!
僕はユニクロが大好きで、僕が着ている服は99.9999……%、ユニクロです。
以前来店されたお客様(ユニクロの店員さん)に「それ(着ている服)、
ユニクロですよね?」と突っ込まれたくらい、ユニクロを身に纏って生活しています。
休日は家族とユニクロでお買い物してます。

         

AWARDS/QUALIFICATION  受賞歴・資格
JPA日本アルバム写真家協会スクールアルバムコンテスト2018 グランプリ賞(小学校・幼稚園の部)
JPA日本アルバム写真家協会スクールアルバムコンテスト2017 優秀賞(小学校・幼稚園の部)
JPA日本アルバム写真家協会スクールアルバムコンテスト2014 グランプリ賞(小学校・幼稚園の部)
近畿プロフェッショナルフォトコンテスト2018 入選(第2部)
滋賀県プロフェッショナルフォトコンテスト2018 特選(第2部)
滋賀県プロフェッショナルフォトコンテスト2017 推薦(第1部・第1位)

MESSAGE お客様へのメッセージ
写真は素晴らしい文化です!
みなさん、怖がらず写真館に足を運んでください!
みなさんのご来店を今か今かと待ち受けています(怖っ!)

Photographer・Album Designer・System Administrator
山中暁人 Akito YAMANAKA

         

1985年滋賀生まれ。実家が寺院。
大学時代に旅行が好きで写真に目覚める。
大学卒業後、写真専門学校を経て、東京の大手広告代理店にてカメラマンアシスタントとして勤務。
滋賀に帰郷し、エクボスタジオに入社。
学校写真や商品撮影しています。
スタジオ機材や商品仕込み大好き、いじくり回して遊んでいます。
一児のパパ。

Philosophy of LIFE 人生で大切にしていること
『明鏡止水』
熱くなると周りが見えなくなるので、何事も落ち着いて行動をするように心掛けています。

RECOMMENDED/HOLIDAYS おすすめの◯◯/休日の過ごし方
おすすめの海外旅行!
微笑みの国、タイが好きです。
ご飯美味しい、観光名所もたくさん、いい感じにユルイ国。
休日の過ごし方。夫婦揃ってサバゲー大好き!
けれども最近忙しくて行けてません…

         

AWARDS/QUALIFICATION  受賞歴・資格
滋賀県プロフェッショナルフォトコンテスト2018 特選(第4部)

MESSAGE お客様へのメッセージ
サバゲー行きましょう。
エクボスタジオで待ってます。

Photographer・Album Designer・Web Designer
野口陽平 NOGUCHI YOHEI

1983年滋賀生まれ。大学入学を機に京都へ移住。4年間バンド(ベース)とPAという音楽生活に明け暮れる。
大学院進学後、研究と平行して地産地消の移動式マルシェを京都で企画・運営。
本業の基礎理論研究の傍ら、5~6種類のじゃがいもや自然薯栽培をしたり、夜な夜な山奥の倉庫で野菜を仕分けをする日々を送る。
研究員として別の大学で仕事をはじめ、京都市のまちづくり委員や地域おこし協力隊の活動を通して農村の地域づくりに参画。
6次産業化商品の開発・販売、ローカルな学びのコミュニティづくり事業に従事したのち、2015年3月に、移動式のハンドドリップコーヒー専門店と過疎地での塾運営を行うまちづくり支援会社(Rufus, LLC)を、仲間と共同起業。
同年、Uターンし、株式会社エクボスタジオに入社。
現在は古文書や文化財のアーカイブ撮影の講師も務める(一般社団法人デジタル情報記録管理協会講師)。
1歳4ヶ月児(娘)と0歳児(娘)たちの子育てに奔走中。

Philosophy of LIFE 人生で大切にしていること
「苦手なこと」を選ぶ。
基本的に迷ったら、「自分に向いてないなー」と思うことを選択するようにしてます。
苦手なこと、向いてないことを選ばないと自分が閉じていく気がするので、自分の幅を広げるために、常に「苦手」を選ぶようにしてます。

RECOMMENDED/HOLIDAYS おすすめの◯◯/休日の過ごし方
おすすめの料理本!
柴田書店の『月刊専門料理』と料理通信社の『料理通信』を愛読してます。
趣味がアテを作って呑むことなので、ガチの料理人のための専門誌は洞察が深くておもしろいです。
日本酒とワインが好きで、いままで飲んだ日本酒で美味しかったものは、全てランキングをつけてメモを残しています。
休日は、大学院の頃から続いている研究会のため、シェアハウスや住宅史関連の文献を読んだり、たまにフィールドワークに出かけたりしています。

         

AWARDS/QUALIFICATION  受賞歴・資格
近畿プロフェッショナルフォトコンテスト2018 推薦(第4部第1位)
滋賀県プロフェッショナルフォトコンテスト2017 推薦(第3部第1位)
滋賀県プロフェッショナルフォトコンテスト2017 推薦(第4部第1位)
日本商業写真家協会スクールアルバムコンテスト2017 スクールアルバム大賞(全国1位)
[資格]PSMSフォトセキュリティアドバイザー(個人情報保護に関する資格)
[資格]上級デジタル情報記録技術者
[資格]デジタル情報記録管理士

MESSAGE お客様へのメッセージ
「20年、30年後の”撮っておいてよかった”」のために。
写真屋の家系に生まれながらも、昔は撮られるのが好きじゃなかったんです(今もそうかも)。
だから、写真嫌いの人の気持ちはわかります。
でも、20年、30年、50年後には「撮っといてよかったな」と思う日がきっと来るということに気づきました。
そんな、大切にできる写真を撮ることをモットーにしています。

STUDIO FACILITIESスタジオ設備

1Fフロアのご案内

  • 受付
  • ウェイティングスペース
  • メインスタジオ
  • 証明写真スタジオ

2Fフロアのご案内

  • 2階スタジオ
  • 2階スタジオ

Google INDOORVIEWグーグルインドアビュー

Page Top